医療法人社団
三秀会のご案内

医療法人社団 三秀会 羽村・青梅三慶病院のあり方
~回復期リハビリテーション病棟について~

画像
羽村三慶病院
画像
青梅三慶病院

〇この役割を果たすためにどのようにしたらよいですか?

画像 寝たきりを予防し、日常生活活動を獲得して自宅に戻る。これが回復期リハビリテーション病棟の大きな役割です。
 回復期リハビリテーション病棟の対象疾患は、脳血管疾患、運動器疾患、廃用症候群となっています。当然それぞれの疾患によって、また同一の疾患によっても、患者様の病状や障害は様々です。日常生活活動の回復が速やかな患者様、緩やかな患者様、本当に様々な患者様がいらっしゃいます。これら様々な患者様に対応できるのが、羽村三慶病院と青梅三慶病院、隣接した地域に二つの医療機関を持っている 「医療法人社団 三秀会」の回復期リハビリテーション病棟と考えています。
 両病院が相互に連携し、協力して行くことで、患者様のニーズに最大限に答え、実現することが出来ると考えます。医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、リハビリテーションスタッフ等、一丸となって取り組んでいきます。
〇患者様やご家族様は、回復期リハビリテーション病棟を退院したら、それ で医療と離れることが出来ますか?
 当然そのような患者様もいらっしゃいますが、その後の生活に合った活動を継続していくために、多くの患者様は地域の医療と介護を利用し、退院後も日常生活活動の安定と向上を目指されております。
 「医療法人社団 三秀会」では、地域の医療と介護も担っております。外来リハビリテーションと訪問リハビリテーションを両院で、訪問看護ステーションと通所リハビリテーションを青梅三慶病院で行っています。回復期リハビリテーション病棟を退院し、住み慣れた地域に戻られても、我々は、継続して
患者様やご家族様と関りを持たせていただき、将来の生活に寄り添わせて頂く
ことも可能です。
 人生100歳と言われる時代に突入します。単独で良い医療や良い介護を受けるだけではなく、地域と関りを持ち、継続した、切れ目のない医療と介護を受けることも非常に重要な時代となってきました。 「医療法人社団 三秀会」は、まさしく地域と関りを持った、継続した切れ目のない医療と介護を提供することが出来る医療機関と考えています。

羽村三慶病院のご案内

画像羽村三慶病院は、四季おりおりに装いを凝らす豊かな自然と清潔な院内空間を提供することで、身体だけでなく、心も癒せる環境を整えています。
 また、リハビリテーション施設、特別浴槽、CTスキャナー等充実した医療設備を整え、患者様中心のチーム医療によるアプローチを行っており、スタッフ一同自分の家族に対するようなあたたかい気持ちで、患者様の治療・看護・介護にあたっています。

病院理念

生命の尊厳・信頼と安心の医療

基本目標

     ■患者様を一番大切にします。
     ■良き医療人の育成に努めます。
     ■患者様の生き甲斐(QOL)の向上を目指します。
     ■地域とのつながりを大切にします。
     ■常に健全な経営を目指します。

病院案内図

画像●お車の場合
JR青梅線「羽村駅」→約5分
JR青梅線・西武拝島線「拝島駅」→約15分
JR青梅線「河辺駅」→約15分
JR中央線「立川駅」→約40分
JR八高線「箱根ヶ崎駅」→約5分

※敷地内には、無料駐車場がございます。
 外来受診の方、御面会の方、お気をつけてお停めください。

●お電車の場合
JR青梅線「羽村駅」東口下車→徒歩25分
※羽村駅から無料送迎バス有り
JR八高線「箱根ヶ崎駅」→徒歩20分

回復期リハビリテーション病棟 サポート体制

画像

地域包括ケア病棟との違いについて

画像

羽村三慶病院写真

受付・病棟

画像
受付・外来ロビー
画像
庭園
画像
病棟
画像
病棟

病室

画像
4人部屋
画像
2人部屋
画像
個室
画像
特別個室

浴室

画像
車椅子浴槽
画像
特殊浴槽
画像
一般浴槽

リハビリテーション風景

画像
リハビリテーション室
画像
筋力強化
画像
調理練習
画像
手指巧緻動作練習